上司は夜の暗闇に脅える

毎日の日常の中で、「手品師」の意味合いってなんだろう。無関係って言えるだろうか。「味噌汁」は、あなたにとってなんの意味があるんだろう。
マカロン
ナポレオン
HOME

曇っている木曜の日没は想い出に浸る

夕食時に、サッポロビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限定されるけれど。
横浜にいた時に、住んでた部屋の近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので買ったことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円以上のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
家族に届けた、そのワインが一万円することを我慢できずに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
以来、特にワインの質にこだわらなくなった。
あー美味しいと思える時間の友だったら、お金や質にはこだわらない。

余裕で叫ぶ彼女と履きつぶした靴
けっこう昔から知ってたけど行ったことはないですが、昼間ではない動物園は、夜に動きやすい動物がめちゃめちゃはつらつと活動していて見てたまらなく楽しいらしい。
前から知っていても、真っ暗な動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもう少しだけわかるようになったら見てみようと思う。
もう少しだけ怖がらないようになったら、きっと、子供も笑ってくれると思うから。
ふだんの動物園と異質の景色を自分も必ず楽しめると思うので経験してみたい。

風の強い平日の午後に昔を懐かしむ

友達の彼であるSさんの働く食品会社で、定期的に梅干しをオーダーしている。
飲むと電話をくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんは、ぜんぜん話がかみ合わない。
素面のときのE君、結構なあがり症らしくそこまで多くは話さない。
したがって、一度もEくんとはじゅうぶんに会話をしたことがない。

気どりながら叫ぶあの子とアスファルトの匂い
江國香織さんの小説に登場するヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
旦那意外との恋愛をそこまで責めない。
恋だと思わせつつ、本当に大切に思っているのは旦那さんだけのたった一人。
なんてヒロインが多々いるような気がします。
不貞行為を陰だと考えれば、本命は陽。
ふと、別人が入ったように陰が襲ってくる。
不倫に対する良い悪いは無視して、そのヒロインを研究する。
私の中にもう一つの恋愛に対する考え方や新たな価値観が姿を見せることもたまにある。

風の強い祝日の夜明けは想い出に浸る

慢性冷え性にかかってからは、わずかに辛いけれど、何と言っても冬がマストだ。
外の空気が乾燥しているので、引き締まったような匂い、さらにヒーターのぬくもり。
真冬の陽の光ってゴージャスな気になるし、レフを持って、冬の朝の海も美しい。
季節を撮りたかったら、レフもOKだけれどトイカメラで思う存分シャッターを押しまくるのがなかなか空気感のある写真がゲットできる。

陽気に熱弁する父さんとよく冷えたビール
今年は、近くの海に行っていないが、時間があればとっても行きたい。
まだ、娘が小さいので、波打ち際で遊ばせるぐらいだけれど、想像するけれど楽しんでくれるだろう。
なのだけれど、子供は、パンパースを着用しているから、ふつうの海水客の事を考えたら海水につけない方がいいかもしれない。
遊泳用のオムツもあることはあるが、ちょっとした問題に発展しているらしいので。

蒸し暑い月曜の朝に足を伸ばして

少年はものすごく腹ペコだった。
もうすぐ夏休みという頃、小学校からトボトボと下校しているときだった。
セミももううるさく鳴いている。
陽の光は強く、夕方とはいえいまだお日様は沈みそうになかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るのがほとんどだけど、今日はあまりにもお腹が減っていたので、早く帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋にいくらか残っていたはずだ。
ご飯もたぶん、冷や飯が冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、足早に家へと向かった。
すると、汗がいっそう流れてきた。

湿気の多い金曜の午前にこっそりと
晩酌などのアルコールのおともに、絶対健康に良い食材を!と考えている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、焼いた葱。
それ以前は秋刀魚。
で、最近は、ウナギだけれど、高いのでそれも辞めた。
先日新しいメニューを発見した。
スーパーで90円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、マーガリンで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて味付た物。
大分値段は低め、カロリーも低い気がしませんか。

雹が降った大安の深夜に目を閉じて

辺ぴなところに住んでいると、ネットでものがお手軽に買えるようになったのが、とっても簡単だ。
それは、大型の本屋が市内に2軒しかなくて、品ぞろえも悪いから、手に入れたい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりネットショップで購入するほうがお手軽だ。
それは、書店に行くのに原チャで30分近くかかるからすごくめんどうだ。
ネットショップに手慣れたら、他のものもネットショップで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は確実にネットショップ買いだ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

夢中で大声を出す兄弟と月夜
夏らしいことを特にしていないが、友人たちとさ来週、コテージを借りBBQをやる。
毎年の流れだけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男が少ないので、すごくいっぱい準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと苦手な人が多いので、してあげないと。
だけれどきっとみんなでビールをがぶがぶ飲むその時は、焼酎を飲みすぎない様に気をつけよう。

道

Copyright (C) 2015 上司は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.