上司は夜の暗闇に脅える

テレビのインタビュー等で、「子供」について尋ねられたとしたら、アナタはどう言う?「スパゲッティ」は、人それぞれで受け止め方が全然違うなのかもね。
マカロン
ナポレオン
HOME

具合悪そうに熱弁するあの子と霧

北方謙三版の水滸伝の人間くさく雄々しい人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な人物が108人でてくるが、敵方、政府側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
人物に現実の人の様な弱さがうかんでくるのも重ねて、没頭し読んでいた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に可能な限り腐心しているのが読み進めていて魅了される。
読み進めていておもしろい。
でありながら、魅了されるキャラクターがひどいめにあったり、夢がやぶれていく流れも心にひびくものがあるからはまるフィクションだ。

どんよりした日曜の夜明けはひっそりと
台湾出身のビビアン・スーは、美人で才能あふれる人だと思う。
年が30代終わりなんて、信じられない。
昔見たTV番組で、印象的なのが、彼女が、英語のインタビューにアンサーしていた姿。
まだまだ勉強している所みたいだったけれど非常に一生懸命だった。
今となっては英語だけでなく日本語だって、すでに話せるだろうとみている。
努力家であるビビアン・スーの素晴らしさは目を見張る位なのだ。

夢中で走る妹と暑い日差し

仕事場で身に着けるスーツスカートを手に入れに行った。
コムサでモード等フォーマルなところもいいな〜と悩んだけれど天神コアも悪くないと思う。
若くて活発な女性向けのショッピングビルで体にフィットするファッションが多数。
価格はショップによって差が表れるが、大体は安価。
中で、購入する物を探していたが、細身の物が多く売られていた。
着てみると、ちょっとはお洒落に見えるような気がする。
なかなか素敵な買い物ができて、すごく満足感があった。

風の強い土曜の午後に料理を
友達とお昼時に約束をしていた。
福岡駅のいつもの大きなエスカレーターの下。
早めについて待っていると、少しばかり遅くなると連絡が入った。
巨大なテレビの前はみんなの集合スポットなので、待ち人も次第に去っていく。
ipodでミュージックを聴きながら、その光景をぼーっと見ていた。
それでも退屈なのでそばのPRONTに入り、ジンジャーエールを飲んでいた。
しばらくして、友人がごめんね!と言いながらやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

一生懸命体操する姉妹とファミレス

私の息子がマルモダンスをまねしている。
私や妻は教えていないけれど、3歳なのに一生懸命踊っている。
映像の中でマルモのおきての音が聞こえると、録画映像を見たがって泣いてしまう。
保存したものをつけてあげるとエンドレスでずーっと休むことなく見ている。
親としては、テレビの映像を見てばかりより絵本を見たり、おもちゃで遊んだりしているほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

自信を持って自転車をこぐ姉ちゃんと濡れたTシャツ
このごろ、大衆小説を読みとおすのはわずかになったが、昔に北方さんの水滸伝に没頭し読んでいた。
昔に訳された水滸伝を軽く読んだ時は、退屈な内容で、われを忘れるほどはまらなかったが、水滸伝の北方謙三版を読みふけったときは、はまって、読むのが止まらなかった。
会社の仕事のなか休みや仕事が終わってからの食事中、お風呂でも読んで、1日一冊ずつ精読していた。
登場人物が血が通っていて、男らしい作中人物がたいそう多く、そういったところに心を奪われていた。

気どりながら自転車をこぐ友人と枯れた森

わたしは、肌が弱く、ファンデは全く使用してはいけないし、スキンケアも一部だけだ。
どうしようもないので、果実やサプリメントのパワーにお任せになっているが、ここ最近口にしているのが粉ゼラチンだ。
コーヒーに混ぜて、毎朝飲んでいるけれど、少し素肌がハリが出てきた。
なんと、実行してから実感するまで即効性があったので、感動した。

薄暗い祝日の朝はお酒を
近頃、テレビで、マクドナルドのチキンナゲットの食感をまねしたレシピというふうに流していた。
たいそう似ていると思って、家内に作ってもらいましたが、マクドナルドのチキンナゲットの味では決してないけれどおいしかったですね。
周りがほんの少し固かったのだけれど、中は、チキンといえばチキンだから、私程度ぐらいではちょっとの異なるところは何とも思わずものすごくうまかったです。

気分良く話す母さんと横殴りの雪

南九州のお歳をめしたの方は、その日その日、弔花を霊前になさっているから、そのために、花がたくさん必要で、菊農家も多い。
夜間、マイカーで飛ばしていると、菊の為のの光がしばしば夜間、マイカーで飛ばしていると、菊の為のの光がしばしば目撃する。
住宅の光はとても少ない農村だけれど、電照菊光はしばしば見える。
菊の為の電灯はさいさい目に触れても人の行き来はとてもわずかで街灯の明かりもたいそうちょっとで、危ないので、高校生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

気持ち良さそうに熱弁する彼女と冷たい雨
梅雨がこないだ明け、今日セミが鳴いているのを聞いて、少年は「夏だ。」と感じた。
もうすぐ夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側に座ってアイスクリームを舐めていた。
軒下では風鈴がときどきチリリンと音を立てた。
朝から暑い日で、日差しが座った少年の足を照りつける。
少年は半ズボン姿だった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近くにある市民プールのオープンを楽しみにしていた。

道

Copyright (C) 2015 上司は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.