上司は夜の暗闇に脅える

「作戦」を好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるはず。なんの感情もない人だって。君にとっての「少女」はどう?
マカロン
ナポレオン
HOME

雨が上がった水曜の晩は友人と

太宰治の、「斜陽」は、一気に読み進められると思う。
戦前は旧華族の娘だったかず子が、根強くて引かない女性に変身する。
なかなか素晴らしいと思わずにいられなかった自分。
これくらい、誰にも恐れない気の強さと、意見を押し通す我が終戦後は必要不可欠だったのだろう。
だけど、上原の妻からしたらウザいだろうとも思える。

陽気に話すあの人と季節はずれの雪
明日香は、専門学校に入ってすぐ親しくなった親友だ。
彼女の良い所は、可愛くて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私が今日から友達になろうと話かけたそうだが、覚えていない。
一緒に過ごせば、全てがシンプルになるので、凄く安心する。
シャープで華奢なのに、夜中にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするらしい。

湿気の多い仏滅の夕暮れはカクテルを

友人の彼氏が梅干しを販売しているとの事。
博多に本社を置き上海にショップもでき、関西の方に工場がある。
全国にたまに、数人で組んだグループで訪問販売をするらしい。
夜中、これを聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、いただいたものがあると出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、今まででベストに美味しかった。
という事で、さっそく梅干しをオーダーしてしまった。

凍えそうな大安の早朝に窓から
家の庭でハンモックに揺られ、気持ちの良いそよ風に身を浸していた、休日の夕暮れの事。
頭上には一番星が光り始めていた。少年は、自分ちの猫が「ギャニャァッ!」と叫ぶ声に仰天して、ハンモックからドテッと落下してしまった。
目を凝らして観ると猫はヘビと対面し、前かがみになり興奮しながらも恫喝していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていなさそうだったので、少年は木の枝で追い返し、ネコを抱っこして再度ハンモックに寝転がった。
少年は、ネコの頭をなでてやりながら胸の上で寝かせ、気持ち良さそうにゴロゴロと鳴く猫を眺めた。

ひんやりした週末の朝に食事を

先日、明日香と麻衣子とツアーに行ってきました。
2人とも、私が通っていた学生時代の友人で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、学んでいたのが旅行業と、観光英語だったので、旅行が大好きな生徒たちでいっぱいでした。
なかでも、明日香と麻衣子を含む仲のいい6人で色んな県へ宿泊した思い出は大切です。
私は元々そんなに仲のいい友達が多い方でもないし、しかもそれで良いと感じています。
という事で、すごく喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもツボでした。

喜んで体操する姉妹と霧
知佳子と福岡市内のAbercrombie & Fitchに向かった。
私たちはアバクロンビー&フィッチのカジュアルなデザインがお気に入り。
そして、お店の中のデザインと、満ちている匂いが。
2時間程度うろついて、アバクロンビー&フィッチを出た。
すると、私が歩道を占領して歩いていたので、すみません!と言って後ろを見た。
そういえば、店内にいた男の人。
笑って、いえいえ、など言われた。
驚いたのは、彼の手荷物。
アバクロでどれだけ買ったの?って聞いてみたかった。
その後、スタバで知佳子とその男の人の職業予測で話が弾んだ。
アンサーは永遠のなぞだ。

そよ風の吹く大安の昼にカクテルを

ネットでニュースを閲覧するけれど、新聞を読むことも前は好きだった。
現在は、ただで閲覧できるインターネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの量の内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国のデフォルトになってしまうかもという話題がとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、仮にデフォルトになったら、どの国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

雲が多い月曜の午前にお菓子作り
3か月前までまるっきり存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツなるものがあるらしい。
都市部では、水用オムツ着用で入れる所と入ってはいけないところがあるとのことだ。
確かに、他人からしたら、専用のオムツでも大便など入っているオムツで入られたら、いい気持ちはしない。
けれども、子供の親だったら、入れてあげたいという気持ちもある。
だけれど、逆の立場だとしたらたいそういやだ。

風の無い日曜の夜は散歩を

去年の夏、私は仲良しの女の子と、横浜のアパートから下道を使って、由比ヶ浜にやってきた。
理由は、私のデジタル一眼で海岸を撮るためだったけれど、なかなかうまく写せない。
ビーチは長く来ていなかったこともあり、撮影に飽きるとヒールを脱いで海に入りはじめた。
海水にも飽きて、ビーチで小さな城を作ることをして遊びはじめた。
その時位までは、確実にそばに置いていたCANONの一眼。
しっかり満喫して、帰宅の中、スタンドでデジタル一眼がケースにない事にびっくりした。
仕方なくアパートまで帰ったけれど、少しの間、すごく切なくなった記憶がある。
多くの記録が入っていたお気に入りのデジタル一眼、今はどの場所にいるんだろう?

息絶え絶えで自転車をこぐ兄弟と観光地
一昨日は、一カ月ぶりに雨だった。
チヌ釣りの約束を友人としていたのだが、雷が鳴っていたので、さすがに危険で行けそうにない。
気がついたら、雨がやんだので、やっぱり行ってみるということになったのだが、釣りに行ける道具の準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨がやんだから釣り場に来ていた釣り人が、あせって釣りざおなどを車になおしていた。
えさも解凍して用意していたのにもったいなかった。
次の機会にと言って釣り道具をしまった。
来週は晴れみたいだ。
その時は、次こそ行こうと思う。

道

Copyright (C) 2015 上司は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.